故人の意向を大切に 変化する葬式のスタイル

故人の意向を大切に 変化する葬式のスタイル

葬儀や通夜のスタイルが変わりつつあります

葬儀には通夜というものがあります。これに出たことがあるという人は多いかもしれません。通夜の中身というのはその地方、地方で変わってくると思いますがその意味はほとんど変わらないと思います。通夜とはその名の通り夜を通して故人を見送るというものです。例えば夜を通してロウソクの火を消さないということで遺族が起きているということになります。実際にやるべきことと言えばそのくらいでロウソクの火や線香を絶やさないということだけです。その役割を担うのが故人の孫であるというような決まりがある風習を持つ地域もあるでしょう。そういったことからも分かるように、これは昔からの風習によるものであると言えます。宗教的な意味もあると思いますが明確に決まっているということは特にないようです。重要なことはやはり故人を送るということだと思います。また親族だけが通夜に参加すべきだという風習もあるようですがその限りではないというのも最近の傾向です。

また一方では通夜自体を簡略化してしまうといったこともあるようです。これまでは一晩中、故人を見送るために親族が眠らずに見守っているということが通例でしたが、短時間でそういったことを終えてしまうということもあるようです。やはりその家庭内によってやるべきことは変わって来たと言えます。余り決まった形というものは昔から無かった訳なので形式的なものになってきたということも言えるでしょう。また逆に昔からの形にこだわるという家もあるようです。通夜のときには上座から親族一同が故人に近い順に並んで座るという感じです。そして故人の友人や知人、一般弔問客というかたちです。また通夜の代わりに告別式をやるというケースも増えてきました。様々な形が行われているので当初の形というのものが段々となくなりつつあるようです。通夜について知っている人というのがいなくなってくるに従って、これからはそれぞれの家族で自由に考えられたものが反映されてくるのかもしれません。

注目情報